落とし穴

アンチエイジングを活用して行う機能性野菜

アンチエイジングとは皆さんもご存じのとおり、体の老化を抑制する、若返ることです。
あと一つタイトルにアンチエイジングを活用して行う「機能性野菜」の文字があります。
最近スーパーなどでは「国産」等の表示が定番になっています。

しかし最近は機能性野菜という表示も少しずつ登場してきています。
それでは機能性野菜とは一体何者なのでしょうか?

実際は機能性野菜とは健康に良いといわれる成分が多く含まれた野菜のことです。
機能性野菜は普通の野菜よりも多くの健康に良いとされている成分が含まれているので、少量の摂取で効率的に成分を摂取することができます。

とくに最近の若い人たちの野菜摂取量が理想の野菜摂取量を大きく下回っているので、機能性野菜はとても有効であると考えられています。
機能性野菜の例としては、「機能性ブロッコリー」というものがあります。
このブロッコリーには「スルフォラファン」というものが通常のブロッコリーより約3倍ほど多く含まれている。

この「スルフォラファン」には体を守る酵素の生成が促進する働きがあります。
またシミ・そばかす予防にもなります。
また生成された酵素には有害な活性酸素を除去する働きもあります。
このように、機能性野菜は体にいいだけではなく、アンチエイジングに用いることができます。

このページの先頭へ