落とし穴

アンチエイジングクリームは保険適用の仕組み

アンチエイジングを行っていく上でアンチエイジングクリームを使うという選択肢もあります。
直接肌などに塗布するので効果がすぐに表れそうな気がしますよね。
また、世の中にはたくさんのアンチエイジングクリームが出回っています。

そんなアンチエイジングに使えるクリームの中でもタイトルにもあるように保険が適用されるものがあります。
それは「ヒルドイド」という薬です。
このヒルドイドは小児科や皮膚科でよく処方され、アトピーやケロイドなどの治療に使われることのある薬です。

また、主な副作用もありません。
ヒルドイドには3種類あり、クリームタイプ、ローションタイプ、軟膏タイプがあります。
ヒルドイドは肌の乾燥を防ぎ、血行を良くします。

保湿剤としての効果が高く、また価格も安価です。
具体的な効能としては、ヒルドイドの主成分である「ヘパリン類似物質」には血行を良くする働きがあり、目のしたのくまなどの改善につながります。
また、しわが消えた等の効能もあるようです。

また「ビーソフテンローション」という化粧水がありこちらも保険適用のようです。
こちらも保湿効果が高く、この化粧水はヒルドイドの後発医薬品です。
このように保険適用のため安く手に入れることができるヒルドイド。
一度試してみてはいかがですか?

このページの先頭へ